行動の軸は「迷ったらお客様のために」地域コミュニティを生み出す総合エンターテインメント企業

キスケ株式会社

エンターテインメントビジネス事業、不動産開発事業

GREAT COMPANY AWARD 2020キスケ株式会社エンターテインメントビジネス事業、不動産開発事業

推薦ポイント

新規事業は業界成長の初期段階に参入する

当社は1952年にパチンコ店として私の祖母が創業しました。パチンコ事業は今でも当社総売上の90%を占める主力事業で、地域シェア率は2大拠点のひとつ今治市では約60%とトップを誇り、もう一方の松山市では同業他社が競り合う中で約30%と首位を争っています。

加えて創業以来、ボウリング場、カラオケ店、マージャン店、温浴施設を扱うエンターテインメント事業と、ビルや駐車場といった開発・不動産開発事業と多角的な領域へ参入してきました。

最新の遊びは、都会で次々と生まれます。我々はその新しいトレンドが成長段階にあるうちに、流れをいち早く掴めるよう常にアンテナを張っています。

実際に新規事業に参入するとき、私や事業開発に関わる社員はモデル企業への視察を欠かさず、すでに事業展開している他社店舗を100件以上巡ったこともありました。そこで得た学びを、愛媛の特色や年齢層に合わせた地域の方々が利用しやすいサービスに変換することを意識しています。

なかでも当社にとって強みのひとつになったのが、ボウリング事業で取り入れた会員制です。ボウリングは、毎日おこなう本気度の高いプレイヤーと、余暇でおこなう一般のお客様が同じ店舗に滞在するレジャーのなかでも珍しい競技です。

前者の方々には上達具合を披露できる大会等を開催していたのですが、後者の方々にも一緒に楽しむ仲間と出会える場を作りたいと考え、スキル向上のための教室を始めました。同様にカラオケやマージャン等にも展開し、会員数は1,000名以上になりました。

まずは社員が楽しむこと。そして日々変化するお客様の気持ちを想像し、察し、行動することを心掛ける
まずは社員が楽しむこと。そして日々変化するお客様の気持ちを想像し、察し、行動することを心掛ける

来店したお客様には、他のお客様とも仲良くなってもらいたい

2年ほど前、事業戦略のためにカラオケ店を閉鎖したとき、常連の女子高校生から「このカラオケ店のおかげで沢山の思い出と友達ができた」という手紙が届きました。スタッフ一同感銘を受け、あらためて我々は遊び自体の提供だけではなく、人が出会う場を提供し、そこでお客様同士の輪をつなげることができたと体感しました。

人口が都心に比べ多くない地方では、こうした地域コミュニティを生み出すことも当社の役目だと考えています。

他にも人が集まる場をつくる取り組みとして、地域のイベントがあれば1,200台ある駐車場を貸し出し、運営にも参加してきました。最近では当社がイベントを主催することもあります。

これらは、今も地域住民が抱く、主力事業のパチンコ店への偏見を減少させることにつながると考えており、「どうせパチンコをするなら、地域で遊ぶならキスケで」と選ぶきっかけになってくれたらいいなと思っています。

同社主催の『ビールフェスタ』。地域住民がキスケに親近感を抱いてもらえるように社員と触れ合う機会を積極的につくる
同社主催の『ビールフェスタ』。地域住民がキスケに親近感を抱いてもらえるように社員と触れ合う機会を積極的につくる

創業者の考えは、何十年先も社員が行動で示す

多角化戦略が進む一方、人材採用が課題でした。内定承諾も年々減少し、2018年はついに採用数が0名になりました。これまで学生に提示していた『楽しいことが好きな人』という漠然とした人物像を捨て、会社の魅力や事業を伝え、当社への理解を深めてもらう採用手法に切り替えました。

その一環で、創業時にできた30項目にもなる理念を、その核心は残し日常会話で使える単語を用いたMISSION に置き換え、行動指針として4つのVALUEを設定しました。その他リクルーター制度の導入など社員の協力を得て、2019年は17名の採用を実現しました。

外部環境が急速に変化する近年、人の生活の基本である衣食住に次いで、遊ぶことがより注目されています。当社はその場を提供する企業として、愛媛のすべての人々になくてはならない存在になることが目標です。

2019年には幼稚園と未就学児向けのキッズパークを開設し、これで全年齢層への場の提供体制が整いました。今後も社員一丸お客様のために考え、挑戦していきたいと思っています。

トランプを模して作成したMISSIONとVALUEのカード。どんなときも、やるからには遊び心を忘れない
トランプを模して作成したMISSIONとVALUEのカード。どんなときも、やるからには遊び心を忘れない
会社概要
社名
キスケ株式会社
創業
1952年
設立
1970年
代表者氏名
山路 義則
山路 大助
資本金
2,005万円
年間売上
447億9,300万円(2019年度)
従業員数
443名(2020年7月時点)※PA含む
本社所在地
愛媛県松山市宮田町4番地
電話
089-921-0133
URL
https://www.kisuke.com
業務内容
エンターテインメントビジネス事業、不動産開発事業
代表取締役副社長:山路 大助氏
お話し
代表取締役副社長
山路 大助氏